口元の整形に関すること

バービーとはかけ離れた容姿をしていました

私は小さいころから美しいもの、かわいらしいものが大好きです。
小さいころからバービー人形を持ち歩き、眺めることが大好きでした。
バービーのお洋服を母に沢山作ってもらい、毎日着せ替えて友達に自慢することが大好きだったんです。
自分もバービーの様にきれいになりたい、かわいくなりたいと子供心に思ってました。
そしてきれいなお洋服を毎日着替えて、ケンのような男性とデートしたいなとも感じてました。
しかし当の本人の自分は、バービーとはかけ離れた容姿をしていました。
男の子のような顔立ちで毛深く、女の子と思われたことがないほどボーイッシュだったんです。
小学校でも男の子に間違えられることがあり、母が買ってくれたワンピースを着て鏡を見ても自分の顔に似合っていないと感じることもしばしばあったんです。
顔立ちは男の子でも、心の中ではバービーの様に女性らしくなりたいという願望が強く、なんとも表現しがたい葛藤が子供でありながらあったのです。
中学に進学すると、周りの女性や友達がお化粧やヘアケアに目覚め奇麗になる子が多く存在しました。

バービーとはかけ離れた容姿をしていました : 男の子のような顔立ちで、中学校の男子からからかわれた : 唇はヒアルロン酸注入でセクシーな唇になっています